INTRODUCTING ARTISTS

Tomoko Sue

須惠朋子

須惠朋子の作品は、麻紙に岩絵具で描いている日本画作品です。大自然の中に神々の存在を感じ、その神秘性や自然と人間の根源的なつながりのイメージを絵画化しています。近年の作品は、日本画の揉み紙という技法を応用し、「神の島」と呼ばれる沖縄の離島・久高島のイメージを描いています。島全体が聖地と言われる久高島のイメージを、美しいブルーの色彩の中に島を作っていくように描いています。

loading