ヨゼフ・ボイス
Joseph Beuys
Scottish Symphony, Celtic Kinloch Rannoch

1980

シルクスクリーン・写真 ed:200

139.6x31.5cm

Frame:145x37cm

本体価格
¥350,000-
国内送料
¥5,000-
消費税
¥35,500-
合計
¥390,500-
Bitcoin Price
0.039BTC

We ship internationally. Please contact us for details.

【複数点購入の場合】送料別途見積りとなります。
お見積もり後支払いとなります。

CONTACT GALLERY
  • Scottish Symphony, Celtic Kinloch Rannoch
  • Scottish Symphony, Celtic Kinloch Rannoch
  • Scottish Symphony, Celtic Kinloch Rannoch

シート全体に薄いヤケ、数か所にシミ、シワ

こちらの作品は額付きです。
お届けは1週間から10日となっております。

ABOUT ヨゼフ・ボイス

1921年、ドイツ、クレーフェルト生まれ。幼少期の頃より芸術は勿論のこと、ピアノやチェロなど才能にも恵まれた。また彼の興味は、芸術、北欧の歴史や神話、自然科学など、多岐にわたる。1840年に通信兵として第二次世界大戦に従軍している最中に北のクリミナ半島で墜落した。負傷していた所、タタール人の手当により救助される。その時に、タタール人が傷の手当てに用いた脂肪やフェルトがのちに彼の彫刻作品のモチーフになっている。脂肪やフェルトを美術のモチーフとして扱うのは非伝統なことであり、新しい表現のために彼が探求して辿り着いたものである。脂肪やフェルトは熱によって変化したり、保持したりするという特徴がある。熱というのは生命の象徴であり、生死を彷徨っていたボイスがこの脂肪やフェルトによって回復したという彼自身の経験から選ばれたモチーフだと言えるだろう。彼は当事者意識を持って、より良い社会を実現するために行動することは社会彫刻であり、また「人は誰もがアーティストである」という言葉を残している。彼自身も樫の木を7000本植えるアクション活動、学生運動の支援、緑の党に自身が立候補するなどの社会活動に積極的に参加した。
  

BIOGRAPHY

1921年 ドイツ・クレーフェルト生まれ
1940年 第二次世界大戦が勃発したことをきっかけに、ドイツ空軍に志願
1947-51年 デュッセルドルフの芸術アカデミーで学ぶ
1961年 芸術アカデミーで彫刻家の教授に就任
1962年 芸術運動フルクサスのメンバーになる
1965年 自身がアクションと呼ぶ作品(パフォーマンス)『死んだウサギに絵を説明する方法』
1968年 脂肪をギャラリーの隅に積み上げた作品『脂肪のコーナー』展示
1974年 アクション『コヨーテ-私はアメリカが好き、アメリカも私が好き』
1972年 アカデミーと対立した結果、彫刻家の教授を退任させられる
1986年 西ドイツ・デュッセルドルフで死没

loading

Loading...