二井矢 春菜
Haruna Niiya
田園の鷺

2018

シルクスクリーン / silkscreen ED.15

80.0×120.0cm

SOLD
  • 田園の鷺

風にたなびく田んぼの中の、鷺の群れの様子を描いたものです。
季節は夏。岡山で電車に乗っていると、窓いっぱいに青々と茂る稲が風にたなびく田園風景。そこにはたくさんの鷺の群れがいました。緑に白い鷺を映えさせるため、鷺は紙の白で表現しています。

画面下に、サイン・エディション番号の記載有り。

シート作品です。額装はされていません。
額装を希望される場合は、e-mailにてお問い合わせください。(額代金は別途いただきます。)
額装は仕上がりまで2~3週間いただきます。

エディション番号は、画像と異なります。

こちらの作品はサイズが大きいため、額装した場合は送料を別途いただきます。

ABOUT 二井矢 春菜

作品コンセプト

私の描くモチーフは、身近な自然を観察している中で出会った小さな喜びです。 シルクスクリーンを使い、製版と刷りを何度も繰り返しながら、ゆっくりとイメージを立ち上げる作業は、私が感じた小さな喜びがイメージを持ち、新しい風景となって再び姿を現します。身近な生き物や自然を愛おしく思える事は、とても個人的でささやかなことですが、そのことに気づける事はとても幸せな事だと思います。自分にとっての人生の豊かさとは何かを模索しながら、絵を描いたり物を作ったりしています。

BIOGRAPHY

1993年 広島県生まれ。
2015 年 東京造形大学 造形学部 美術学科 絵画専攻領域卒業
2017 東京造形大学大学院 美術研究領域 修了

個展
2015年 JINEN GALLARY(東京)
2017年 「草いきれの中で」文房堂Gallary Café(東京)
2020年 コトノハ贈りもの店 /ノノフールールデザイン一級建築事務所(山口) 
2023 gurassy place, e:n coffee, 神奈川

グループ展
2015年 「山から」GALLERY LARA TOKYO(東京)
「第39回全国大学版画展」町田国際版画美術館(東京)
「美美たるもの」遊美工房(岡山)
2016年「冬のきおく 春のめぶき 田中茜 ニ井矢春菜展」JINEN GALLERY(東京)
「第41回全国大学版画展」町田国際版画美術館(東京)
2017年 「阿波和紙と版表現 2016東京造形大学×RISD」阿波和紙産業会館(徳島)文房堂ギャラリー(東京)
「points of departuer」ARENA1GALLARY(ロサンゼルス)
「TUBOMI COLLECTION」アジア美術館ミュージアムショップ(サンフランシスコ)
「Paring~アートと日本酒」GALLERY LARA TOKYO(東京)
2018年「HON10WallGallery」HongKong香港島パシフィックプレイス1F”HON10”(香港)
2019年「庭にはniwaふたり」川崎市市民ミュージアム(神奈川)
2020年「SPINNER Market Vol.1」スパイラルガーデン(東京)
「港ヨコハマ夏の市2020~夏の風~」FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(神奈川)
2021年「Tubomi Collection Vol.4 Japan」阪急うめだスーク(大阪)
「Tubomi Collection Vol.5 Japan NEW ROOM at showcase Spiral 1F」青山 spiral(東京)
「第7回アトリエ指導員 想起される風景」川崎市市民ミュージアム the3rdAreaof” C” オンライン展覧会
2022年「未来への視座 VF22 border」gallery TEN(東京)
「シルクスクリーンワークショップ , 秋の空と草模様 」 ヤマガラ雑貨店(神奈川)

賞歴
2015年 第39回全国大学版画展 収蔵賞受賞
2016年 ZOKEI賞受賞
第41回全国大学版画展 収蔵賞・観客賞受賞
2017年 ZOKEI賞受賞
2021年 アワガミ国際ミニプリント展 2021 賞候補入選

2019年からアメリカ ミネアポリスにあるRoom&Boardにて限定版の版画が発売される。

loading

Loading...