INTRODUCTING ARTISTS

Yayoi Kusama

草間彌生

日本で最も有名な前衛作家と言えるでしょう。幼少の頃より幻想的な作品を制作し1957年より米に拠点を移して活動を行ってきました。派手な水玉をあしらった作品は代表的でその風貌、生き方等々さまざまな面で話題に事欠かないアーティストです。ルイ・ヴィトンとのコラボなどでも話題となりました。 国内外のオークションにおいてもその人気は群を抜いています。サイズの大きい作品は安定的に数億円で取引されています。日本国内やアジアではカボチャや花をモチーフにした具体作品の人気が高くなっていますが、欧米ではむしろドット(水玉)やネット(網目)等の抽象作品の人気が高いことも特徴的です。国内百貨店での取り扱いも多く、サイズの小さい原画の価格に驚いた人は少なくないでしょう。版画作品も数多く制作しており、そのクオリティーの高さから最近ではオークションで百万円を超える作品も多くありあます。特に2013年に入ってからの価格高騰は凄まじいものがあります。

loading