INTRODUCTING ARTISTS

katsura Funakoshi

舟越 桂

1951年生まれの舟越桂は、 彫刻家として日本を代表する作家の一人です。 初期の1980年から、変わることなく楠を素材に一貫して人間の姿を彫り続けています。 楠に彩色し大理石の目をはめ込んだ像は、遥か遠くを見つめ憂いと諦め・怒りと安らぎを混在した感情を包みこみ無言で佇む姿は、静かな気品に溢れています。 その存在感に世界中の多くの人々が魅了されています。

loading