ルフィーノ・タマヨ
Rufino Tamayo
二本の木と人物 

1976

エッチング/etching ED 66/75

75.0×57.0cm

Frame:105.5×83.5cm

SOLD
  • 二本の木と人物 
  • 二本の木と人物 
  • 二本の木と人物 

タマヨ作品の中でも、落ち着いた印象の色合いの作品です。
全体的に落ち着いた色合いの中に、深い色彩が溢れとても上品で力強い作品です。
実際の作品を目の前にすると、色彩の画面の中に吸い込まれていきそうな
そんな魅力あふれる作品です。

画面下に、サイン・EDの記載有り。
薄い日ヤケ、裏面4ヶ所にテープ

額状態 : A(美品)
こちらの作品のお届けは、1週間〜10日となっております。

ABOUT ルフィーノ・タマヨ

美術アカデミー卒業後、考古学博物館に勤務する。そこでメキシコ古代美術に影響を受ける。
それに加えて、ニューヨークに渡りキュビズムなどのヨーロッパの近代絵画を学び、やシュルレアリズムや表現主義などの影響が混じり合いメキシコの古代の美術とヨーロッパ近代の美術を融合した独自の画風を確立していった。
タマヨ芸術の根底には、メキシコ古代文明が創造した独特の生命観・宇宙観が流れており、それが疲弊退廃した現代に苦しむ人々に新鮮な感動と力強い希望を与えます。

BIOGRAPHY

1899年 メキシコ(オアハカ州フアレス)生まれ
1917年 国立造形芸術学校(Escuela Nacional de Artes Plasticas)に入学
     印象主義やキュービズム、フォービズムの画法を学ぶ。
 ニューヨーク、パリ、メキシコにて創作活動や展覧会を開き、高い評価を受ける。
1979年 故郷のオアハカで「ルティーノ・タマヨ美術館」(Museo Rufino Tamayo)設立
1991年 逝去

loading

Loading...