松山智一
Tomokazu Matsuyama
I'll Be There Without U

2013

キャンバスにアクリル絵具 original

Φ106.5×106.5cm

SOLD
  • I'll Be There Without U
  • I'll Be There Without U

松山智一の作品は、大和絵や浮世絵といった日本伝統の要素に、ストライプやチェックといった西洋の柄をあわせたり、戦後に形成された抽象表現主義の様式を全体的にそのまま用いるのではなく、シャツやパンツの柄といった部分的な素材として当てはめたりすることで現代性を持たせています。
本作品に描かれている馬は、古くから世界各地に存在し、神の乗り物として大切にされてきました。世界中で縁起物のシンボルとされてきた馬を描いたシリーズは、松山の代表作のひとつです。


作品状態は良好です。
作品裏に、サイン・タイトル・制作年の記載有り。

こちらの作品に額はついておりません。
作品のまま、壁に掛けることも可能ですが
額装をご希望の際には、ご相談くださいませ。

こちらの作品のお届けは、1週間〜10日となっております。

ABOUT 松山智一

WALLS TOKYOが注目するアーティストの一人です。上智大学経済学部卒業後、NYのNY私立美術大学院 プラット・インスティテュート(Pratt Instititute)コミュニケーションズ・デザイン科を首席で卒業、その後NYにて作家活動を行うという異色の経歴を持っています。
日本的なモチーフをポップな色彩で解体するという独特の世界観を醸し出し、特徴的なレイヤードが織りなす繊細なマチエールは作品を間近で目にするほど際立ち、ポップカルチャーからファインアートまで俯瞰的に捉えた作風も特徴的です。

アジア最大級の商業施設である香港の「ハー バーシティ」にて個展を開催。
ハーバーシティの正面入り口「フォーコート」では、毎年一組のアーティストが パブリックアートの展示を行っています。これまでKAWS、草間彌 生、Yue Minjunといったアーティストが大規模な展示を行い、昨年はオランダ人アーティ ストが巨大な「ダバーダック」を港に浮かべたことでも話題を呼びまし た。
今年、若手アーティストとしては初となる松山が選出され、施設のメインエント ランス正面に、高さ6.5メートルのステンレススティール製立体 「Sky Is The Limit」が展示されました。

アリシア・キーズの夫であり、名HIPHOPプロデューサーであるスウィズ・ビーツがコレクターとして知られています。また、近年では作品がマイクロソフトコレクションやドバイ王室コレクションに収蔵され、ハーバード大学で講演を行うなど活動の幅を広げており、世界のコレクターが注目していることは間違いありません。
発表作品は海外コレクターが直接購入することが多く、日本で流通している作品を手に入れることは困難です。

BIOGRAPHY

1976年 東京生まれ
2000年 上智大学経済学部卒業
2004年 Pratt Institute美術大学院Communications Design科修士課程修了
現在 School of Visual Arts, Adjunct Professor

EXHIBITION
2023 Episodes Far From Home, Almine Rech(London)
2022 The Best Part About Us, Kavi Gupta(Chicago,USA)
2021 Boom Bye Bye Pain, KOTARO NUKAGA(Tokyo)
2021 Tomokazu Matsuyama Accountable Nature, The Long Museum Chongqing(Chongqing,China)
2020 Tomokazu Matsuyama Accountable Nature, The Long Museum West Bund(Shanghai,China)
2018 No Place Like Home, Zidoun-Bossuyt Gallery(Luxembourg)
2018 Same Same, Different, Lumine Zero(Tokyo,Japan)
2017 Oh Magic Night, Hong Kong Contemporary Art(Hong Kong)
2015 Somewhere Here, Zidoun-Bossuyt Gallery(Luxembourg)
2015 Toshibas Made in 17 Hours, Museum of Contemporary Art Australia(Sydney,Australia)
2015 Come With Me, Gallery Wendi Norris(California,USA)
2014 Sky Is The Limit, Harbour City(Hong Kong,China)
2014 Out Side Looking In, Lesley Kehoe Galleries(Melbourne,Australia)
2013 The Standard Rendez-vous, Zidoun-Bossuyt Gallery(Luxembourg)
2013 Palimpses, Rauchauer Institute at Harvard University(Massachusetts,USA)
2012 New Work, Mark Moore Gallery(California,USA)
2012 The Future Is Always Bright, Gallery Wendi Norris(California,USA)
2012 Thousand Regards, Katzen Art Center at American University Museum(Washington DC,USA)
2011 East Weets Mest, Joshua Liner Gallery(New York,USA)
2010 In Case Youre Lost, Frey Norris Gallery(California,USA)

loading

Loading...