須惠朋子
Tomoko Sue
自然讃歌

2015

土佐麻紙、岩絵具・樹脂膠 original

45.5×53cm

Frame:56.5×64cm

SOLD
  • 自然讃歌
  • 自然讃歌
  • 自然讃歌

沖縄の離島・久高島の海の深いところと作家自身の心の奥深くでつながっているようなイメージ、広大な海景・大自然の神秘性に深く共鳴したところから創った作品です。
岩絵具の独特の色の美しさが印象的な作品です。

パネル裏に、サイン・落款有り
こちらの作品は、額装済の作品となっております。

こちらの作品のお届けは、1週間〜10日となっております。

ABOUT 須惠朋子

須惠朋子の作品は、麻紙に岩絵具で描いている日本画作品です。大自然の中に神々の存在を感じ、その神秘性や自然と人間の根源的なつながりのイメージを絵画化しています。近年の作品は、日本画の揉み紙という技法を応用し、「神の島」と呼ばれる沖縄の離島・久高島のイメージを描いています。島全体が聖地と言われる久高島のイメージを、美しいブルーの色彩の中に島を作っていくように描いています。

BIOGRAPHY

東京都生まれ
2003 女子美術大学大学院美術研究科修士課程美術専攻(日本画)修了
2001 女子美術大学絵画科日本画専攻卒業(女子美術大学美術資料館収蔵作品賞)


主な展覧会
2024
「第9回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展」 上野の森美術館
2023
「神の島より」WALLS TOKYO(東京)
〈ニライカナイを想う〉「須惠朋子 日本画展」宇都宮 東武
「-Niraikanai- 須惠朋子展」SAN-AI GALLERY(東京)
「須惠朋子 五十嵐桃子 展 ~清澄風景~」art space ruriro(埼玉)
「さいたま国際芸術祭2023『創発inさいたま』 またお会いしましょう-
対極を超えて-」埼玉会館
「さいたま国際芸術祭2023『創発inさいたま』Womens Lives 女たちは生きている-病い、老い、死、そして再生」さいたま市プラザノース・ノースギャラリー
2022 
「美の精鋭たち2022 十花の毒」 宇フォーラム美術館
「HIRAETH 須惠朋子 /岩野雅代」松坂屋上野店
「大解剖 女子美術大学日本画展」 神戸阪急
2021 
「第8回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展」上野の森美術館
2018 
「地域の中のアートな居場所」川口市立アートギャラリーアトリア(埼玉)
2017 
「Contact」表参道画廊 + MUSEE F(東京)(19、20)
「継々展」小津和紙 小津ギャラリー(東京)(19、21 、23)
2016 
「美術新人賞デビュー2016入選作品展」ギャラリー和田(東京)
2013 
「どこかでお会いしましたね」 うらわ美術館、埼玉会館(~23)
2006 
創画展(15~23)
2005 
春季創画展 (07、09、11~24) 

他、個展・グループ展・団体展・海外展など、国内外で展示歴 多数。

受賞歴
2016 
美術新人賞デビュー2016準グランプリ
2001 
女子美術大学美術資料館収蔵作品賞

所蔵先  
女子美術大学美術館
現代美術資料センター

loading

Loading...