クリス・ヨハンソン
Chris Johanson
Why are they so frantic?

2004

104/200

51.0×40.7cm

SOLD
  • Why are they so frantic?
  • Why are they so frantic?

ビビッドな緑の上に描かれたのは、エイリアンが人間社会の問題を言っている(考えている?)という、何ともシニカルで、クリス・ヨハンソンらしい作品です。
今となってはPHAIDON社にアートブックを出版される程のアーティストになったクリス・ヨハンソンの若かりし頃のウィットに富んだ作品はいかがですか?
サインあり
※本作品は額装されておりませんのでご希望の場合は別途お見積り致します。

ABOUT クリス・ヨハンソン

カルフォルニアでスケートボードやパンクロックと共に育ったクリスは、グラフィティやスケートボード絵を描く事により、アーティストとしてのキャリアをスタートさせました。サンフランシスコに移住し、バリー・マギーと共にミッションディスディストリクトムーブメントというアートムーブメントの中心人物になります。
ストリートに落ちている廃材に描かれる彼の独特なウィットに富んだ世界観は、今や西海岸最大の現代美術館MOCAで個展を開催する等、美術業界のメジャーデビューをし始めている、要注目の作家の一人である事は間違いありません。

BIOGRAPHY

1968年 カリフォルニア、サンノゼに生まれる
1887年 スケートボードアートジーン"Kamaboader"発刊
1889年 Mission District アートムーブメントスタート
1994年 Anti-Heroのアートワークを手がける
2002年 Whitney Biennial exhibition に参加
2003年 サンフランシスコ近代美術館SECA芸術賞受賞
2013年 ロサンゼルス現代美術館にて個展”Within The River of Time Is My Mind”開催

loading

Loading...