田中宏美
Hiromi Tanaka
view 19-14 KAZE

2019

綿布にアクリル original

22.5×27.5cm

SOLD
  • view 19-14 KAZE
  • view 19-14 KAZE

風景を抽象形態にまで昇華させ、工芸の手法を取り入れて描かれる田中宏美の絵画作品。画面全体を覆う凛とした印象が品格を感じさせます。

こちらの作品は額装されておりません。お届けは、1週間〜10日となっております。

ABOUT 田中宏美

田中宏美の描く作品のテーマは、一貫して「view」と名付けられてきました。「view」とは抽象化された景色。登山やスキーの愛好家である田中は、「自分の体験した自然、それは単に視覚的なものだけでは終わらない、聴覚、嗅覚、触覚の総合的な体験である。それを絵画という視覚による認識形態に落とし込むとき、視覚体験を抽象化しなければ描き切ることはできない。」と言います。そんな田中の描き出す世界は、凛としていて清々しい空気感に満ちています。

BIOGRAPHY

1978年埼玉県生まれ
2002年女子美術大学院修了

個展
2002年 Oギャラリー(東京)※03,04,06,09,11,13,15年
2008,10年 啓祐堂ギャラリー(東京)
2009,10,12年 PNB-1253(埼玉・秩父)

グループ展
2003年 関口芸術基金賞入選 柏市民ギャラリー(千葉)
2004年 未来へ開かれた空間展 神奈川大学セレストギャラリー
2009年 VOCA展 上野の森美術館(東京)
2010年 art expo MALAYSIA 2010 CONVENTION CENTRE(クアラルンプール)
2013年 どこかでお会いしましたね展 うらわ美術館(埼玉)14,15,16,17年

loading

Loading...