内藤忠行
Tadayuki Naitoh
Blue Lotus #1

デジタルプリント、Photo Rag(紙) ed.10

46.5×70.0cm

Frame:49.2×72.6cm

本体価格
¥190,000-
国内送料
¥3,000-
消費税
¥19,300-
合計
¥212,300-
Bitcoin Price
0.021BTC

We ship internationally. Please contact us for details.

【複数点購入の場合】送料別途見積りとなります。
お見積もり後支払いとなります。

CONTACT GALLERY
  • Blue Lotus #1
  • Blue Lotus #1
  • Blue Lotus #1

Blue Lotus / Blue Lotus は、Miles Davis の LP、Kind of Blue に入っている Blue in Green のサウンドから生れた。

作品裏にサイン有り

額:新品

こちらの作品のお届けは、1週間〜10日となっております。

ABOUT 内藤忠行

 ジャズと出会いそのフィーリングとバイブレーションを映像化すべく写真家を志す。マイルス・デイヴィスなどオリジナルなスタイルを創造した天才ミュージシャンから学んだ表現方法を写真に応用し、精力的にコンサートライブを撮り続け、多数のレコードジャケットを手がける。本場のジャズシーンに接するうち、そのルーツであるアフリカへと導かれ、この大いなる大地への愛と理解と感動を【アフリカの歌】などの作品集にて発表。アフリカへの旅を重ね、シマウマのモチーフを繊細かつ大胆に表現した【ZEBRA】においては、ストレートなカラー写真から、コラージュやソラリゼーション、多重画面などを駆使したシンメトリーな抽象表現までを自在に用い、「スピリチュアル」「モダン」「プリミティブ」の融合という、彼の写真に一貫して流れる特徴を確立させる。赤道直下の国々やアラスカ、ヒマラヤ周辺など異なる文化圏へ世界規模に取材し、観察と空想とジャズ的写真の冒険を繰り返すことにより生まれた膨大な作品群は、写真集、雑誌での発表にとどめることなく、映像、造形、テキスタイルなど多様に展開させていった。

 その後、そうした体験と眼差しに対比させるかのように自らのアイデンティティを追及。日本の美の象徴とも言うべき〈桜〉、〈庭〉というテーマに斬新に取り組む。アニミズムや曼荼羅と、日本人としての自然観と装飾性を結びつけた幻想的な桜の世界は、着物を連想させる「T字型12面シンメトリー」の無限の奥行きの中に、上品で雅でありながらも妖艶な魔性を潜ませた【SAKURA-COSM】に結実する。四季折々の自然と感応し美を表出させる〈庭〉では、日本人の美的DNAの潜在を表現し、ADC賞を受賞したCD-ROM【京の庭】をはじめ高い評価を得る。

 静寂な庭に宇宙のリズム感じ、それをフィルムに写し撮っていく過程で本能的に出会った、〈蓮〉という被写体を21世紀のスピリチュアルなキーワードとし、実存しない青い蓮の世界に「愛と平和」への祈りを込め発表した「Blue-Lotus」シリーズは、その美しく幻想的な蒼い光に見る者を包み込むことにより、時空を越えた生命の普遍的なメッセージを発信することに成功している。

BIOGRAPHY

1941年、東京浅草生まれ。マイルス・デイヴィスを師と仰ぎ、大勢のジャズ・ミュージシャンを撮影。ジャズのルーツであるアフリカへ渡り、プリミティヴな大地に生きる動物をモダンに表現した作品を発表。こうした体験から自らのアイデンティティを意識するようになり、日本人の自然観を追求。実在しない青い蓮の花のシリーズ等を展開している。

loading

Loading...