WallsTokyo

柿崎覚展Gaku Kakizaki 柿崎覚
2020 11/11 wed-12/12 sat
wed-sat   水-土   12:00-18:00
sun-tue   日-火   closed

柿崎は、小石川植物園や新宿御苑、井の頭公園といった、都心部の緑地帯に赴き、風景を描き写します。そこにあるのは、雄大な自然とは異なり、人間の管理下にある、いわば飼い慣らされた自然ですが、だからこそ安心して向かい合い、身を置くことができる穏やかで心地よい自然です。東京で生まれ育った柿崎にとって自然とはそのようなものであるのかもしれません。

柿崎の、厚塗りの油絵具によって描き出されるパノラミックな風景画は、粗いマチエールにもかかわらず、色味の変化を丁寧に捉えているために、対象が明確に浮かび上がって見えます。一見するとクラシカルな油画といった印象を受けますが、西洋の常套的な風景描写で使われる透視図法における中心点がありません。彼の描く静物画には、それがより顕著に現れています。並んだりんごと洋梨がキャンバスの端で切られており、画面内に心地よくモチーフが配置された西洋絵画を見慣れた目には少々不自然に映ります。彼はキャンバスの中に一つの視点を基にした風景をテクニカルに再現しようとしているのではなく、まるで全方向に向かって広がる世界をキャンバスの形に切り取っているかのようです。

自然とは、本質的に中心がなく、柿崎もまた、世界を中心無きものと捉えているのではないでしょうか。今世紀、中心無き世界へのシフトは加速するばかりです。特定の人物の号令のもと皆が動くのではなく、それぞれの個人が自らの意思を表明し、行動する。それを可能にしているのは言うまでもなくインターネットやSNSの普及であり、私たちはそういった世界を生きている。柿崎の2次元空間を目の前にすると、彼の描く自然は現代社会のメタファーなのではないかと思わずにはいられません。

本展は、ギャラリーの目の前にある小石川植物園をテーマにし、屋内に植物園を展開させるイメージで構成。新作を中心に約10点の作品が並びます。ぜひ、ご高覧ください。

Kakizaki’s works feature scenes from around the green belt of Tokyo, areas like Koishikawa Botanical Garden, Shinjuku Gyoen National Garden, and Inokashira Park. Unlike the vast nature of the world, these domesticated patches of nature are controlled by people—allowing those to face nature in a comfortable and peaceful setting. Perhaps for Kakizaki, who was born in Tokyo, this is what nature is.

Kakizaki's panoramic landscape paintings are drawn with thick oil paints, despite the rough texture of the work, he carefully captures the changes in color, making each object visible. At first glance, it gives the impression of a classical oil painting, but it lacks the central point perspective often implemented in traditional Western landscape artworks. This is even more pronounced in his still lifes. Lined apples and pears are cut off by the bounds of the canvas, which may feel a little unnatural to those who are used to viewing Western artworks. Kakizaki is not trying to technically reproduce the landscape based on a single viewpoint, but rather it is as if he is capturing the world in all directions and expressing it on the canvas.

Nature is essentially centerless, and Kakizaki also sees the world as centerless. This century, the shift to a centerless world is only accelerating. Rather than following a central person, individual thought and action are more prevalent. Needless to say, we are living in such a world where the internet and social networking makes this possible. When viewing Kakizaki’s 2 dimensional world, one cannot help but think his work is a metaphor for modern society.

Only steps away from the gallery is the Koishikawa Botanical Garden and the theme for this exhibition. The exhibition will feature 10 selected works consisting mainly of new works. We welcome you visit and view the gallery at WALLS TOKYO.

ARCHIVE



2019.3.27 wed - 4.27 sat

この度、WALLS TOKYOでは、谷正也(たに・まさや)の個展を開催する運びとなりました。
本展のタイトルである「CHANNEL」は、作家自身の身の回りにある風景を複眼、多角的な視点により捉える事を示唆しています。

谷が描き出すのは、造花や公園といった人間が作り出した自然の代替物や、うねるような線、アウトライン、
増殖を繰り返すかのようなサイケデリックな抽象表現。ネオンカラーで描かれた、溢れんばかりに生い茂る樹や、我勝ちに咲く花。
それらは、過度な画像処理を施されたかのように、奇妙に人工的な風合いを帯びています。
近作の様々なイメージがパッチワーク状に交錯する画面は、
まるで私たちの日常となったスワイプする事で切り替わる目の前の風景のようでもあり、
氾濫するイメージをかき分けるようにして「リアル」を探し当てようとする行為そのもののようでもあります。

事実と虚構が複雑に絡み合う世界は、テクノロジーによってさらに不可分なものとなり、
人工的に作られた自然の「チープさ」と自然本来の持つ「崇高さ」の隔たりは消滅する。
このような視点は、谷自身が編集ソフトを駆使することで、その先にある絵画表現を意識してきたことと、無関係ではないでしょう。

田舎町は急速に過疎化が進み、かつては活気に溢れていた場所が朽ちていくという「現実」の中で、
手の中にあるガジェットは「今」を絶え間なく更新し続ける。
自然であれ、人工物であれ、変化し続け、制御不能な、強大な力を持っている。
そのことに気づいたとき、我々の目の前にふと目眩しのような風景が立ち上がってくるのではないでしょうか。

WALLS TOKYOで2回目の個展となる本展では、新作約15点を展示。新シリーズに加え、これまでに発表してきたシリーズも併せて展開します。



2017.3.17 fri - 4.22 sat

谷正也の作品は、画面全体に広がる無数の色彩が抽象的に描かれているように見えますが、
遠く離れて見てみると風景や植物、水辺などの景色が丹念に描かれているのが見えてきます。
緻密な画面は執念のような描写力ですが、不思議と心落ちつく作品です。

谷正也独自の描画方法により描かれた作品世界を、どうぞお楽しみくださいませ。



2017.11.23 thu - 12.16 sat

須惠朋子の作品は、岩絵具を用い海や空をモチーフとして描いています。
作品の特徴は、何といっても色彩の美しさです。日本画の岩絵具特有の美しさが際立っています。
岩絵具の美しさに惹かれて美術大学の日本画専攻を選んだというほどに、作家は岩絵具の美しさに惚れ込んでいます。
岩絵具は扱いが非常に難しく、美しい画面をつくりだすには技術と繊細な表現力が必要です。
20年余りをかけて習得した技術と、須惠朋子の繊細な感受性・表現力を持って、ひとつひとつの作品が描かれています。

作品の色彩の美しさは、写真などでは伝えきれないほどです。
様々な媒体があり、見せ方・伝え方が多様化している現在ではありますが、
作品の前に身を置いた時の感動や魅力・力強さを感じることができるのは絵画の大きな魅力であり特徴です。
須惠朋子の作品はまさに、絵画でしか表現の出来ない作品です。

はっとする程に美しい色彩の広がる須惠朋子の作品を、白山のギャラリーで ぜひご覧くださいませ。



2015.6.17 wed - 8.8 sat

草間彌生、奈良美智といった世界的に著名なアーティストから、最注目作家の代表格である松山智一、
NYの人気ギャラリーにて個展を開催し、世界中で紹介されている山口歴など、世界で活躍する日本人作家に焦点をあてた展示を開催します。



2014.9.4 thu - 11.2 sun

デザインの中のにあるアート性にフォーカスし、世界でも評価の高いデザイン・フィールドで活躍する10名の作家をキュレーションした展覧会。
本企画展は、「アート」と「デザイン」の重要性や未来の可能性を考察することをテーマに、
現代の「デザイン」の中にある「アート/芸術性」について考える機会を提供します。
また、会期中には、作品の展示だけでなく、デザイナーや編集者、キュレーターなどによるトークイベントも予定しており、
「アート」と「デザイン」に対する考察をより深いものへと導きます。


curated by
shun kawakami,
artless Inc. www.artless.co.jp



2013.6.5 - 7.31

WALLS TOKYOが厳選した12名の写真家の特集展示。
独自の写真世界を確立し、世界的に活躍する12名の代表作をご紹介します。



2013.2.1 - 3.30

アンディ・ウォーホル展(森美術館)の開催に合わせ、アンディ・ウォーホルを中心にジャスパー・ジョーンズやジム・ダインなど、
ウォーホルと同年代から現代に活躍中のポップアート界の巨匠の作品十数点を合わせて展示。


DECEMBER
S M T W T F S
   
1
2
12-18
3
12-18
4
12-18
5
12-18
6
7
8
9
12-18
10
12-18
11
12-18
12
12-18
13
14
15
16
12-18
17
12-18
18
12-18
19
12-18
20
21
22
23
12-18
24
12-18
25
12-18
26
12-18
27
28
29
30
31
   
Closed...  Open...  Exhibition...
JANUARY
S M T W T F S
         
1
2
3
4
5
6
12-18
7
12-18
8
12-18
9
12-18
10
11
12
13
14
15
12-18
16
12-18
17
18
19
20
12-18
21
12-18
22
12-18
23
12-18
24
25
26
27
12-18
28
12-18
29
12-18
30
12-18
31
           
Closed...  Open...  Exhibition...

DATE:

2020-11-07

News

柿崎覚展会期中は、アポイントがなくてもご来廊いただけます。
*入場制限させていただく場合がございます。
*柿崎展以外の作品をご覧いただく場合は、事前にご連絡いただけますと助かります。

営業日/時間:水・木・金・土 12:00 - 18:00
*ご来廊の際は、感染防止策としてマスク着用、入り口にて手の消毒をお願いしております。


ご購入いただきました作品はなるべく早く発送するようにいたしますが、発送準備に数日いただくこともございますので、予めご了承いただけますと幸いです。

ページトップへ