INTRODUCTING ARTISTS

Christo

クリスト

クリストは物体を「梱包」する作家です。彼の「梱包」は日用品などの小さなものから始まりましたが、やがて建物や自然などの公共の物へと変わっていきました。 これらのビッグプロジェクトは費用も数十億とかかりますが、彼は自分の表現したいことを実現するためにスポンサーの支援などは受けませんでした。 その代わりに自分でドローイング作品を制作し、それを妻のジャンヌクロードがマネジメントすることで費用を賄っていきました。 そのため流通している作品数は多く、特にオープンエディションの作品は日本においても数百ドルから入手することができます。 また制作数の限定されたエディション作品は数千ドルし、直筆のドローイングは数万ドル以上の価格がつくことが一般的です。 そんな彼の社会を巻き込んだプロジェクトは見る人を魅了します。

loading