INTRODUCTING ARTISTS

Sakura Fukushima

福嶋さくら

福嶋さくらは、作品全体の印象をペインティングで表現し、モチーフを刺繍で描くように形作っています。記憶のなかの景色であったり、まだ見ぬ風景であったりするイメージを、まるで時間の密度が濃縮されたような独特な世界感を刺繍でほどこし、絵画作品にしています。自らの内にあるイメージを、湧き出てくるままにスケッチすることからはじまり、いくつかの過程を経て作品化された絵画は、時間の密度が濃縮された不思議な雰囲気を纏っています。

loading