INTRODUCTING ARTISTS

Tigar Tateishi

タイガー立石

タイガー立石は、1941年福岡県生まれ。武蔵野美術短期大学への進学・上京を機に美術活動を開始します。画家、漫画家、絵本作家、陶芸家など、その活動は多岐にわたりました。漫画家として軌道に乗り始めた矢先、突如としてイタリアへ移住。彼の地では美術活動の他に建築・デザイン・イラストレーションといった仕事にも携わりました。「環境を変えることこそが創作意欲を刺激する。ひとところへの安住・現状への満足は拒否」というスタンスは立石の生涯最後まで貫かれたモットーであったといいます。1998年病没。 漫画のような「コマ割り」の絵画、シュールでナンセンスなタイガー立石の作風は、既存の芸術の枠組みを逸脱せんとするパワーに溢れています。

loading