INTRODUCTING ARTISTS

Masaya Nakahara

中原昌也

1970年東京都生まれ。1990年にノイズユニット「暴力温泉芸者」を立ち上げる。音楽活動と平行して映画評論も手がけ、1998年には小説家としてデビュー。2001年に『あらゆる場所に花束が……』(新潮社)で三島由紀夫賞、2006年に『名もなき孤児たちの墓』(新潮社)で野間文芸新人賞、2008年に『中原昌也作業日誌 2004→2007』(boid)でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。音楽活動、小説家、映画評論に加えて、コラージュやペインティング作品を発表するアーティストとして美術活動も行っています。2017年個展『ラッセンが導く光の中へ』(Pulp/大阪)、2012年個展『中原昌也展』(Sprout Curation/東京)など展覧会も多数開催。

loading