INTRODUCTING ARTISTS

Sol Lewitt

ソル・ルウィット

コンセプチュアル・アートの先駆者として知られる作家です。 ニューヨークで美術を学んだ後、MoMAの職員として商業美術の世界で活動。 その後より、グリッド(格子)によるマトリックスの生成をテーマとした作品を制作し続け、1960年代よりマイブリッジの走る男性の写真をモチーフとし、グリッドで構造化された大きな油絵作品を制作を始めました。1962年より、作品は人物を排除することで単純化されていきます。その後、グリッドは3次元の構造体の作品、ドローイングや水彩、版画や写真、アーティストブックや家具に至るまで、ルウィットが作品を残したすべてのメディアにおいて適用されています。

loading